other_page_eyecatch

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

【あ】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【い】

インテグレーター
Integrator。航空会社とフォワーダーの両方の機能を併せ持つ輸送会社。
インボイス(送り状)
輸出者が輸入者宛てに発行する商品取引の明細書、計算書、代金請求書をいい、主要な書類の1つとして荷為替取組や輸出入通関に用いられる。

▲目次に戻る

【う】

上屋(ウワヤ)
輸出入貨物を一時保管又は仮置きするための施設。
運送人(ウンソウニン)
運送人(航空会社や船社)をいい、自ら航空機や船を使用して貨物の運送を行う者をいう。

▲目次に戻る

【え】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【お】

乙仲(オツナカ)
乙種海運仲立人の略で、港湾運送業(港運業)の意。現在は海上、航空を問わず通関業者の意で使われることも多い。
オン・ボード
貨物が航空機に搭載されたこと、またはその状態。

▲目次に戻る

【か】

カルネ手帳(カルネテチョウ)
正式にはATAカルネ(ATA CARNET)という。展示会等への出展物、商用に使用する物品、商品見本等で無償で一時的に輸出した後に再輸入する場合、カルネ手帳を使って通関することによって、輸入税が免税される。
関税(カンゼイ)
通常、外国貨物を輸入する際、一定の税率で税関に支払われる税金をいう。関税の支払が確認されて輸入許可となるが、関税の納税義務者はその貨物の輸入者(荷主)であり、申告納税方式により税額が確定される。

▲目次に戻る

【き】

共同運行(キョウドウウンコウ)
共同運航。提携する複数の航空会社が、それぞれ相手の運航する指定便に自社の便名をつけ自社の運航便と同様の予約、発券等を行う。
緊急通関(キンキュウツウカン)
税関の開庁時間外に通関申告を行うこと。事前に税関からの承諾が必要であり、臨時開庁料も発生する。

▲目次に戻る

【く】

グリーン調達(グリーンチョウタツ)
環境への負荷が小さい製品・サービスを、また、環境負荷の低減に努める企業から優先して購入・調達すること。
クロスドック・オペレーション
倉庫の荷受場(ドック)で、入荷品を事前の出荷通知に基づき保管するか出荷するか識別し、出荷品を出荷場(ドック)へ通過(クロス)させること。
クーリエ・サービス
ドキュメント輸送サービスのこと。スモール・パッケージ・サービスといっしょに総称で、「国際宅配便」ともいわれる。

▲目次に戻る

【け】

検疫(ケンエキ)
動物検疫、植物検疫。動物、植物の輸入には各々の法律に基づき、検疫が必要になる。
原産地証明書(ゲンサンチショウメイショ)
貨物がその輸出国の原産であることを証明した書類。日本発輸出貨物の場合は、商工会議所にて発給される。 英語では“ Certificate of Origin ” という。

▲目次に戻る

【こ】

航空運送状(コウクウウンソウジョウ)
荷送人又は、その代理人によって作成され、航空会社が受託した貨物を運送するため、荷送人との間で運送契約を結んだことを証明するもの。船荷証券(BILL OF LADING)のような流通性はない。混載貨物で、荷送人と混載業者との間で発行されるものをHOUSE AIR WAYBILLという。
更正(コウセイ)
過去に行った納税申告について、過大申告をした際に行う税金返金願いのための申告。
混載貨物(コンサイカモツ)
利用航空運送事業者が、自己の運送約款に基づいて、航空会社の賃率より安い賃率で、不特定多数の荷主から集荷した貨物を、同一地域あてに一括仕立てをし、自ら荷送人となって、航空会社と運送契約を締結し運送される貨物。
混載トラック(コンサイトラック)
複数の荷主の貨物を搭載したトラック。
コンテナ
一般的には貨物のユニット化を目的とする輸送用の容器のことで、積み替えが容易な構造 であり貨物の詰め込みが容易で各種の輸送に適合する容積を持ち、長期反復使用に耐える強度を有することを基本的条件として備えることとされている。ISO(国際標準化機構)規格によって国際的に、コンテナの定義、名称、寸法、最大総重量、仕様、試験方法などが規程されている。
コンテナ・ヤード
本船から積み卸したコンテナ、あるいは本船に積み込むためのコンテナを搬入して蔵置・ 保管し、コンテナを受け渡しする船会社指定の埠頭地区の施設。保税地域である。
コントラクト・ロジスティクス
顧客に対し長期契約でロジスティクスを包括請負すること。
コールドチェーン
Cold Chain。 生鮮品や植物など低温輸送が必要なものに対し、生産から消費まで途切れることなく、低温管理による輸送、ロジスティクスを行うこと。

▲目次に戻る

【さ】

三国間輸送(サンゴクカンユソウ)
自社が商流にかかわっているものの、自国と相手国との間の貨物輸送ではなく、自国以外の国と、その他の国との間で行われる貨物輸送。
サードパーティーロジスティックス
第三者(通常は輸送・倉庫業者)が荷主企業に代わって、戦略的ロジスティクス・サービスを提供すること。

▲目次に戻る

【し】

修正申告(シュウセイシンコク)
過去に行った納税申告について、過少申告をした際に行う修正のための申告。

▲目次に戻る

【す】

ステベ
ステベドア(Stevedore)の略。船舶・埠頭における貨物の積み卸しを専門に行う船舶荷受請負業者のこと。
スピードリミッター
時速90キロメートルに達すると加速を抑制する装置。車両総重量8トン以上又は最大積載量5トン以上の大型貨物自動車に設置を義務付けている。

▲目次に戻る

【せ】

税関空港(ゼイカンクウコウ)
貨物の輸出入、または外国貿易機の入出港事情により、政令によって定められた空港。新千歳、函館、旭川、青森、秋田、仙台、福島、成田国際、東京国際、新潟、小松、富山、静岡、中部国際、関西国際、岡山、広島、美保、高松、松山、福岡、北九州、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、那覇の29空港がある。
セキュリティー・サーチャージ
Security Surcharge。2002年9月11日の米国同時多発テロ発生以来、各航空会社が安全確認のために貨物チェックをおこなうことになったために、課される割り増し手数料。

▲目次に戻る

【そ】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【た】

ダブル・カートン
国際輸送に適した二重層になったカートン(段ボール)。

▲目次に戻る

【ち】

チャーター・トラック
その貨物の運送のために、個別に仕立てたトラック。

▲目次に戻る

【つ】

通関士(ツウカンシ)
通関業法に基づく通関士試験に合格し、税関長の確認を受けて、通関業者の通関業務に従事するもの。

▲目次に戻る

【て】

手仕舞い書類(テジマイショルイ)
海上輸送に関して、発地の仕立箇所から着地のブレイクバルク箇所へ送付するB/L、混載の内容を記したマニフェストなどの書類一式の総称。
デバンニング
コンテナから貨物を取り出す作業。また、コンテナに詰める作業はバンニングという。
DELIVERY ORDER(デリバリーオーダー)
荷渡指図書。船社がCFS(倉庫)又はCYオペレーター(コンテナヤード)宛に,本状持参人に貨物の引渡しを指示する書類。本来荷渡しは、B/Lと引換えに行われるべきものであるが、実務上、荷受人よりのB/L提出に対して、船社またはフォワーダーはD/Oを発行交付、荷受人はこれを提示し、実際に荷渡しを受ける。
電子タグ(デンシタグ)
商品等の情報を記録したICチップにより、情報を読み取るタグで、無線ICタグ、ICタグ、RFIDタグとも呼ばれる。
電子データ交換(デンシデータコウカン)
情報通信用語。伝票や書類による取引、手続をコンピュータ・ネットワークを介して行うもの。

▲目次に戻る

【と】

ドライカーゴ
生鮮品、冷凍・冷蔵品、動植物等を含まない一般貨物の総称。
トラッキング
Tracking。 貨物追跡の意。
トラック・ドック
倉庫内でのトラックへの積み込み場所。
トレーサビリティ
Traceability。商品などの生産や流通に関する記録の追跡管理を可能にすること。

▲目次に戻る

【な】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【に】

荷受人(ニウケニン)
貨物が運送人により引き渡される相手方として運送状面に記載されている者。
荷送人(ニオクリニン)
CONSIGNORと同義語。貨物の運送にあたって、運送人と運送契約を締結する荷送人として運送状に記載された人。

▲目次に戻る

【ぬ】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【ね】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【の】

ノックダウン
Knock Down (KD)。部品を輸出して現地で組み立てること。

▲目次に戻る

【は】

バイヤーズ・コンソリデーション
買付け物流ともいう。フォワーダーがバイヤーに代わって発地の複数のサプライヤーから貨物を集め、一つの貨物にまとめ輸送すること。
パウチ
Pouch。搭載貨物書類を入れた紙封筒のこと。飛行中はコック・ピットに保管される。
パッキング・リスト
Packing List (梱包明細書)。
パッセンジャー
Passenger Flight(旅客便)の略。
バルクカーゴ
液体、木材等、包装せずに大量に輸送される貨物。バラ貨物とも言われる。
パレット
貨物専用機及び大型機の下部貨物室の搭載用具。全体がアルミニウムでできた板状のもの。この上に貨物を積載し、ビニール、ネットをかけて使用する。
ハンド・キャリー
Hand Carry。乗客の携帯貨物として航空機に搭載し、到着空港の税関窓口で業務通関を行うこと。
バンニング (Vanning)
貨物をコンテナ等に詰め込む作業。

▲目次に戻る

【ひ】

ピック&パック
倉庫内の複数の保管箇所から必要な物品を取り出し、一つにまとめて梱包する作業。

▲目次に戻る

【ふ】

フィーダー(Feeder)
本船が寄港する主要港から別便で枝分かれした支線のこと。そこを運航する船をフィーダー船という。
フォワーダー
わが国では、混載業者、貨物利用運送事業者などの名称で呼ばれている。航空、海上あるいは鉄道に係る利用運送事業者をいう場合が多い。航空貨物フォワーダーは、もともとは鉄道の地上輸送にならったもので、航空分野への出現は1945・6年の頃である。
フォワーダー・チャーター
フォワーダーが航空会社から航空機の全スペースを借り切り、自らが運送人となって第三者と運送契約を結ぶこと。
複合一貫輸送(フクゴウイッカンユソウ)
一つの運送契約のもとで、国際間にわたり、航空、海上、トラック、鉄道などの異なる輸送手段を利用して運送を行うこと。英語で “ Intermodal Transport ”という。
船荷証券(フナニショウケン)
海上運送について、運送人と荷送人との間に物品運送約を締結したことを証明する書類。船荷証券の書類には、在来船に積み込みした場合に発行するON BOARD B/L(船積船荷証券)と、コンテナ船に積み込みした場合に発行するRECEIVED B/L(受取船荷証券)とがある。船荷証券と航空運送状との大きな相違点は、航空運送状が譲渡性、流通性を持たないのに対し、船荷証券はその所有者に貨物を引き渡すことを約束した引換証であり、流通性を持つ有価証券であることである。
フューエル・サーチャージ
Fuel Surcharge。燃料サーチャージ。
フラッグ・キャリアー
Flag Carrier。各国を代表する航空会社。ナショナル・キャリアーともいう。
フリー・ハウス・デリバリー
貨物到着地での通関手数料、配送料、税金等、一切の料金を輸出者(Shipper)が負担する輸送形態。
ブレイクバルク
フォワーダーは混載貨物として複数の荷主の貨物を1件の貨物としてまとめて運送を行う。ブレイクバルクとは、到着地において、その混載貨物を荷主ごとに書類、貨物を仕分けること意味する。
フレーター
Freighter。貨物専用機。

▲目次に戻る

【へ】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【ほ】

保税上屋(ホゼイウワヤ)
税関当局が外国貨物を未通関のまま、もしくは輸出通関後搬出までの間、貨物を蔵置しておくために許可を与えた倉庫。
保税地域(ホゼイチイキ)
税関当局が外国貨物を未通関のまま、もしくは輸出通関後搬出までの間、貨物を蔵置、保管しておくために許可を与えた地域。

▲目次に戻る

【ま】

マッチング
輸入貨物到着後、空港の上屋で書類上の個数と、実際の貨物の個数の一致が取れ、物理的に輸入申告に入れる状態になること。「あたりが取れる」とも言う。
マニフェスト
本船、航空機に搭載されている貨物の明細目録で、運送状番号、個数、重量、品名等が記載されている。

▲目次に戻る

【み】

ミルクラン輸送(ミルクランユソウ)
運送業者が複数の部品メーカーを回り、部品の集荷を行う調達物流の形態。牛乳メーカーが牧場を巡回しミルクを集荷する方法に似ているためこう呼ばれる。

▲目次に戻る

【む】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【め】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【も】

モーダルシフト
輸送モード(手段)を変更すること。トラックによる幹線輸送を鉄道輸送に切り替えようとする等の、環境保全や効率性を考えた国土交通省の物流政策。

▲目次に戻る

【や】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【ゆ】

輸入消費税(ユニュウショウヒゼイ)
日本国内への輸入に際し支払う消費税(仕入れ行為と見なされる)。CIF価格に関税を足した合計に5%課税される。

▲目次に戻る

【よ】

予約(ヨヤク)
RESERVATIONともいう。貨物搭載のため、特定の便のスペースを確保すること。

▲目次に戻る

【ら】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【り】

流通加工(リュウツウカコウ)
流通途上の倉庫等で、商品の仕分け、値札付け、組み立て、組み変えなどの作業をいう。
利用航空運送事業者(リヨウコウクウウンソウジギョウシャ)
通常、混載業者といわれ、フォワーダーとほぼ同義語。フォワーダーの項参照。
リーファーカーゴ
Reefer Cargo。冷凍および冷蔵貨物。専用のコンテナをReefer Containerという。

▲目次に戻る

【る】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【れ】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【ろ】

ロジスティクス
生産段階における原材料の調達から製品の販売、消費者への配送までのすべての物の流れを戦略的に一貫して管理すること。
ロット
物品の製造や取引を行う場合にグルーピングする単位。

▲目次に戻る

【わ】

ワシントン条約(ワシントンジョウヤク)
絶滅の恐れのある野生動植物の国際取引を規制し、その保護を図るため1973年ワシントンの会議で採択された国際条約。

▲目次に戻る

【を】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【ん】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【A】

Air Waybill
荷送人又は、その代理人によって作成され、航空会社が受託した貨物を運送するため、荷送人との間で運送契約を結んだことを証明するもの。船荷証券(BILL OF LADING)のような流通性はない。混載貨物で、荷送人と混載業者との間で発行されるものをHOUSE AIR WAYBILLという。
Arrival Notice (Notification)
荷受人への貨物到着通知、案内。

▲目次に戻る

【B】

Backlog Cargo
搭載を予定していた便に積みきれずに、後に残ってしまった貨物の意味。
BAF
Bunker Adjustment Factor。燃油価格の上昇による割増料金。
Belly
Lowerdeck Cargo Compartmentsの意。 旅客機、貨物機の下方部の貨物室をいう。
Bill of Lading
海上運送について、運送人と荷送人との間に物品運送約を締結したことを証明する書類。船荷証券の書類には、在来船に積み込みした場合に発行するON BOARD B/L(船積船荷証券)と、コンテナ船に積み込みした場合に発行するRECEIVED B/L(受取船荷証券)とがある。船荷証券と航空運送状との大きな相違点は、航空運送状が譲渡性、流通性を持たないのに対し、船荷証券はその所有者に貨物を引き渡すことを約束した引換証であり、流通性を持つ有価証券であることである。
Bonded Area
税関当局が外国貨物を未通関のまま、もしくは輸出通関後搬出までの間、貨物を蔵置、保管しておくために許可を与えた地域。
Booking
RESERVATIONともいう。貨物搭載のため、特定の便のスペースを確保すること。
Break Bulk
フォワーダーは混載貨物として複数の荷主の貨物を1件の貨物としてまとめて運送を行う。ブレイクバルクとは、到着地において、その混載貨物を荷主ごとに書類、貨物を仕分けることを意味する。
Bulk Cargo
コンテナ詰め、パレット積みされずにバラのまま積み込まれる貨物をいう。
Bulky Cargo
重さに比し、容積が大きく、かさばる貨物。

▲目次に戻る

【C】

CAF
Currency Adjustment Factor。運賃に対し為替レートの変動による調整を目的とした割増金。
Carrier
運送人(航空会社や船社)をいい、自ら航空機や船を使用して貨物の運送を行う者をいう。
Cartage
航空貨物の陸上運送料金。
CFS
Container Freight Station。通常コンテナターミナル内にある荷捌き施設。輸出貨物のコンテナ詰めや輸入貨物の仕分け作業などが行われる。
CIF価格
FOB価格に輸入到着港までの運賃、保険料を加えた価格。
Claim
損害賠償請求。航空会社あるいは船社の運送もしくは他のサービスなどによって生じた貨物の損傷、滅失、紛失等に対し、荷送人あるいは荷受人が航空会社や船社に対して行う。
Claim Notice
損害通知。貨物の損害について、賠償責任があると思われる運送人への通知、保険会社への事故発生通知などをさす。
Clearance
通関。Export Clearance (輸出通関)。Import Clearance (輸入通関)。
Co-Loading
2社以上のフォワーダーが共同で貨物搭載をアレンジし、そのうちの一社が一つのMAWB(Master Airway Bill)を発行する。物量の少ない仕向地へ共同で混載貨物を仕立てる場合などに手配される。
COD(Cash On Delivery)
貨物代金、またはその輸送にかかる一切の費用を、現金と引き換えに貨物を引き渡す輸送方法。
Code Sharing
共同運航。提携する複数の航空会社が、それぞれ相手の運航する指定便に自社の便名をつけ自社の運航便と同様の予約、発券等を行う。
Consignee
貨物が運送人により引き渡される相手方として運送状面に記載されている者。
Consolidated Cargo
利用航空運送事業者が、自己の運送約款に基づいて、航空会社の賃率より安い賃率で、不特定多数の荷主から集荷した貨物を、同一地域あてに一括仕立てをし、自ら荷送人となって、航空会社と運送契約を締結し運送される貨物。
Container
一般的には貨物のユニット化を目的とする輸送用の容器のことで、積み替えが容易な構造であり貨物の詰め込みが容易で各種の輸送に適合する容積を持ち、長期反復使用に耐える強度を有することを基本的条件として備えることとされている。ISO(国際標準化機構)規格によって国際的に、コンテナの定義、名称、寸法、最大総重量、仕様、試験方法などが規程されている。
CRP
Continuous Replenishment Programの略で、連続自動補充プログラムのこと。
Customs
税関。財務省の管轄。
Customs Broker
通関業者。通関業法に基づき、輸出入者に代わって通関手続きを行う。
CY(Container Yard)
本船から積み卸したコンテナ、あるいは本船に積み込むためのコンテナを搬入して蔵置・ 保管し、コンテナを受け渡しする船会社指定の埠頭地区の施設。保税地域である。

▲目次に戻る

【D】

Delivery Order
荷渡指図書。船社がCFS(倉庫)又はCYオペレーター(コンテナヤード)宛に,本状持参人に貨物の引渡しを指示する書類。本来荷渡しは、B/Lと引換えに行われるべきものであるが、実務上、荷受人よりのB/L提出に対して、船社またはフォワーダーはD/Oを発行交付、荷受人はこれを提示し、実際に荷渡しを受ける。
Damage
損傷。貨物の全部または一部が輸送中もしくは保管中に被る破損、汚損、変質、内容品の不足等をいう。
Dangerous Goods
危険品。大別すると、火薬類、ガス、引火性液体、可燃性物質、毒物、酸化性物質、放射性物質など。航空機の輸送にあたっては、国およびIATAより梱包、量、ラベル、申告等について厳しい規則が定められているほか、同一機への搭載量、搭載位置等にも規制があり、安全に取り扱うよう定められている。
DDP
Delivered Duty Paidの略。貿易取引条件の一つ。貨物到着地での輸入通関手続きに必要な関税、諸税、その他の諸費用を含むそれまでの輸送コストとリスクはShipper(貨物荷送人)の負担となる輸送条件。
DDU
Delivered Duty Unpaidの略。貿易取引条件の一つ。売主が買主の指定地(輸入国)で買主に引き渡す条件。輸入手続の際の関税、諸税などはコンサイニー(荷受人・買主)の負担となる輸送条件。
Delivery Order
荷渡指図書。船社がCFS(倉庫)又はCYオペレーター(コンテナヤード)宛に、本状持参人に貨物の引渡しを指示する書類。本来荷渡しは、B/Lと引換えに行われるべきものであるが、実務上、荷受人よりのB/L提出に対して、船社またはフォワーダーはD/Oを発行交付、荷受人はこれを提示し、実際に荷渡しを受ける。
Demurrage
海上貨物において、無料保管期間を過ぎて発生するCFSあるいはCYにおける保管料。デマレージ。
Destination
仕向地。目的地。
Devanning
コンテナから貨物を取り出す作業。また、コンテナに詰める作業はバンニングという。
Disbursement
貨物発地側でかかる、航空運送開始前にかかる費用の立替金。
DOX
ドキュメント輸送サービスのこと。クーリエ便(Courier)ともいう。
DUTY
通常、外国貨物を輸入する際、一定の税率で税関に支払われる税金をいう。関税の支払が 確認されて輸入許可となるが、関税の納税義務者はその貨物の輸入者(荷主)であり、申告納税方式により税額が確定される。

▲目次に戻る

【E】

E-Commerce
Electronic Commerce の略で、インターネットを利用した商取引。
E/D (Export Declaration)
輸出申告書。輸出通関手続きのため、税関に対して提出する申告書。
E/L (Export License)
輸出承認書。輸出貿易管理令で特定されている1.貨物(例えば戦略物資、輸出禁止品)、2.地域、3.委託加工貿易などの特殊貿易、4.特殊決済による輸出をする際、経済産業省(税関長に委託されることもある)に申請し、許可・承認を受ける書類。
EDI(Electronic Data Interchange)
情報通信用語。伝票や書類による取引、手続をコンピュータ・ネットワークを介して行うもの。
Embargo
受託停止。航空会社が、期間、区間、品目等を定め、貨物の受託、運送を停止すること。
ETA
Estimated Time of Arrival (到着予定時刻)。
ETD
Estimated Time of Departure (出発予定時刻)。

▲目次に戻る

【F】

FAA
Federal Aviation Administration。米国連邦航空局。
FCL
Full Container Load (海上コンテナ一杯の貨物)の意。この場合、一つのコンテナに一つのB/Lの貨物しか搭載されない。
FEU
Forty-Foot Equivalent Unit。40フィート・コンテナ換算の個数。船会社が貨物積載能力を把握するときに使用する単位。
Forwarder
わが国では、混載業者、貨物利用運送事業者などの名称で呼ばれている。航空、海上あるいは鉄道に係る利用運送事業者をいう場合が多い。航空貨物フォワーダーは、もともとは鉄道の地上輸送にならったもので、航空分野への出現は1945・6年の頃である。
Free House Delivery
貨物到着地での通関手数料、配送料、税金等、一切の料金を輸出者(Shipper)が負担する輸送形態。
Free Trade Zone(FTZ)
自由貿易地域。貿易振興の目的のため、輸出入貨物に関税をかけないとして国から指定された地域のことで、主に港湾、空港の周辺地域にある。その地域では、外国貨物の加工、見本展示等が認められ、通常再輸出が行われる。

▲目次に戻る

【G】

GDSM
General Department Stores Merchandiseの略。一般に大型店、ホームセンター、量販店等で販売される雑貨品や一般家電品などをさす。
GPS
Global Positioning System。全地球測位システム。人工衛星からの電波により観測地点の位置を分析するシステム。
GRI (General Rate Increase)
船社の運賃タリフ又は契約レートの一括値上げのこと。
Gross Weight
貨物の総重量(含む梱包重量)のこと。これに対して正味重量(除く梱包重量)をNet Weightという。

▲目次に戻る

【H】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【I】

I/D (Import Declaration)
輸入申告書。輸入通関手続きのため、税関に対して提出する申告書。
IATA
International Air Transport Association (国際航空運送協会)。国際線を運航する航空会社が加盟する世界的な組織。
Invoice
輸出者が輸入者宛てに発行する商品取引の明細書、計算書、代金請求書をいい、主要な書類の1つとして荷為替取組や輸出入通関に用いられる。

▲目次に戻る

【J】

JAFA
Japan Air Cargo Forwarders Association (社団法人航空貨物運送協会)の略。
JIT
Just In Time。適時に生産、納入を行うこと。

▲目次に戻る

【K】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【L】

LCL
Less than Container Load (海上コンテナ一杯に満たない貨物)の意。この場合、一つのコンテナに複数のB/Lの貨物が入れられることになる。
Logistics
生産段階における原材料の調達から製品の販売、消費者への配送までのすべての物の流れを戦略的に一貫して管理すること。

▲目次に戻る

【M】

M3
Cubic Meter。立方メートル。
Manifest
マニフェスト。本船、航空機に搭載されている貨物の明細目録で、運送状番号、個数、重量、品名等が記載されている。

▲目次に戻る

【N】

NACCS
Nippon Automated Cargo Clearance System (日本貨物通関情報処理システム)の頭文字で通称、“ナックス” と呼ばれる。輸出入貨物の通関業務、関連業務の迅速化を目的に作られた、官民一体となった情報処理システム。
Net Weight
貨物の正味重量(除く梱包重量)のこと。これに対して総重量(含む梱包重量)をGross Weightという。
NVOCC
Non Vessel Operating Common Carrier (海運に係る貨物利用運送事業者)。自ら輸送手段を持たないが、船社の行う運送を利用し、貨物の発地から最終目的地までの運送を荷主と契約し行う業者のこと。

▲目次に戻る

【O】

OLT (Over Land Transport)
陸路による保税運送。
On-Board
貨物が航空機に搭載されること、またはその状態。
Origin
発地。

▲目次に戻る

【P】

Pallet
貨物専用機及び大型機の下部貨物室の搭載用具。全体がアルミニウムでできた板状のもの。この上に貨物を積載し、ビニール、ネットをかけて使用する。
Payload
航空機に搭載した旅客、貨物、郵便等の総重量。但し機体の重量や燃料は含まれない。
POD
Proof Of Delivery。配送完了情報。
Power of Attorney
荷主から航空会社、通関業者等への貨物取り扱い、通関業務等への委任状。

▲目次に戻る

【Q】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【R】

RFID
Radio Frequency Identification。無線通信を利用した非接触による自動認識技術。電子タグや無線ICカード等に利用されている。
RMA
Return Material Authorization。企業が製品に保証 (Warranty) をかけているものを対象とした、故障・不具合品の修理や代替品に関するロジスティクス。

▲目次に戻る

【S】

Sea Waybill
船荷証券(B/L)が有価証券として発行されるのに対し、非有価証券として航空貨物のAIR WAY BILLと同じく「運送状」として発行されるもの。
Shipper
CONSIGNORと同義語。貨物の運送にあたって、運送人と運送契約を締結する荷送人として運送状に記載された人。
SKU
Stock Keeping Unit。商品管理時の最小単位の意味。
SPX
スモール・パッケージ輸送サービスのこと。
Storage
保税上屋や輸送業者の倉庫等で発生する、貨物の保管料金。

▲目次に戻る

【T】

TAPA
Transported Asset Protection Association。ハイテクメーカー及び輸送会社を中心に構成された非営利団体(1997年米国で設立)。製品の保管・輸送時の紛失・盗難の防止を目的に情報交換や取扱い規準の策定等を行う。警備・保管の観点から設定されたTAPA保安規準で施設運用を評価し、3段階(A、B、C)にレベル分けされた認定を与えている。
TC-1
IATA (International Air Transport Association、国際航空運送協会)が定めた地域区分で、北・中・南アメリカ地域をいう。
TC-2
IATA (International Air Transport Association、国際航空運送協会)が定めた地域区分で、ヨーロッパ・アフリカ地域をいう。
TC-3
IATA (International Air Transport Association、国際航空運送協会)が定めた地域区分で、アジア・オセアニア地域をいう。
TEU
Twenty-Foot Equivalent Unitの略。20フィート・コンテナ換算の個数。船会社が貨物積載能力を把握するときに使用する単位。

▲目次に戻る

【U】

ULD
Unit Load Device。 航空機搭載用パレット、コンテナ、イグルーなどの貨物搭載用具の総称。
UN No.
国連番号。危険品のグループを分類している4桁の番号。

▲目次に戻る

【V】

Valuable Cargo
貴重品貨物(例: 貴金属、紙幣、有価証券等)。 規定により、通常よりも割高の運賃が適用される。
VAT
Value Added Tax。付加価値税。
VMI
Vendor Managed Inventory。ベンダーが自らの責任・管理においてユーザーのために行う在庫管理。

▲目次に戻る

【W】

WMS
Warehouse Management System。在庫管理システム。

▲目次に戻る

【X】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【Y】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る

【Z】

該当する用語はありません。

▲目次に戻る