air_freight_page_eyecatch

日本⇒テキサス 業界初!!新ルート開拓!

img_riogrande_pdfパンフレット
icon_pdf(PDF file size:1,304KB)

 ロサンゼルス直行便+内陸部トラック便の併用で、完全自社ハンドリングが実現しました。

 今まで利用されていたテキサス州向け航空便と比較してスペース確保が約10倍にUPし、大量輸送に最適!
 安心・確実な輸送をお約束します。

KWEならではのノウハウが、新ルート開拓を実現しました。

 これまで、日本発テキサス行きの直行便は少なく、大量輸送の際には航空会社経由便利用が一般的でした。

 しかしながらアジア発の貨物にスペースを取られる、リードタイムが不安定、経由地でイレギュラーなダメージが発生する等、多くの問題点がありました。

 KWEが開拓した新ルートは、豊富なロサンゼルス便のスペースを利用し、米国内では確実なトラック輸送を利用するものです。

img_riogrande01

 

Quality

完全自社ハンドリングで、安全・確実に輸送

 ロサンゼルス到着後は空港内CFS倉庫を使用。
 しかも、すべて自社ハンドリングなので『見える化』(Visibility)を実現。安全・確実にお届け先まで輸送いたします。

 また、ロサンゼルス-エルパソ間の定期シャトル便のトラックにはエアーサスペンションを使用。貨物へのダメージを防止しています。

 

Cost

コスト削減にも貢献する高いコストパフォーマンス

 従来の一般的なテキサスへのルートは限られた航空会社(スペース)で運行されているため、価格競争もなく高コストを強いられていました。

 これに対し、ロサンゼルス便+トラック輸送でのドア・ツー・ドアの料金設定により、大量輸送に適した高いコストパフォーマンスを実現しました。

 

Delivery

信頼できるリードタイムで確実な輸送を実現

 ロサンゼルス-エルパソ間の定期シャトル便は週6日運行。
 エルパソからテキサス州各都市へは定期契約のローカル便を使用しているので、日本発4日目~6日目には、確実にテキサス各都市へお届けいたします。

 また、トラックにはGPSを搭載しており、輸送状況をリアルタイムで確認できます。

 

KWEの米州ネットワーク

アメリカを中心に米州をカバーするネットワーク

 4カ国(米国、カナダ、ブラジル、メキシコ)、現地法人6社、54都市、55拠点の米州ネットワーク(2007年9月30日現在)。

 

早期から米国系企業へ積極展開

 1969年シカゴに米国法人を設立して以来、早期から米国系企業へ積極的に営業を展開。外資系企業に強いKWEの基礎を築いてきました。

 

内陸輸送サービスやロジスティクスも拡大

 ロサンゼルス、シカゴをハブとした内陸輸送サービスも展開。カナダ法人ミルトン倉庫を拡張する等、ロジスティクスサービスも拡大中。

 

<お問合せ先:輸出営業部>

箇所名  :輸出営業部
所在地  :港区港南2-15-1 品川インターシティA棟24階
電話番号 :03-6863-6450
FAX番号  :03-5462-8505
img_riogrande_pdf
btn_inquiry パンフレット
icon_pdf(PDF file size:1,304KB)