2018/09/20

 本件につき、引き続き関西地区の航空貨物、海上貨物の取扱いに大きな影響が出ておりますが、現在の状況は、以下のとおりです。

 

関西国際空港

 一部の航空会社上屋では既に荷受けを再開していますが、被害の状況により上屋の復旧状況に差が出ています。弊社におきましては、一部輸入貨物で取扱いを再開し、輸出でも貨物受託に向け、鋭意準備を行っております。フライトは旅客便を中心に徐々に再開されていますが、依然として多くの貨物が成田、中部など他空港に流れており、各空港では滞貨による混雑により、荷降ろし、搬出等に通常より多くの時間を要しております。

大阪・神戸港

 大阪港につきましては、ほぼ通常通り運営されています。
 神戸港につきましても特に被害の大きい一部のヤードを除き運営されています。但し、滞貨による混雑により、貨物受託、引渡し、配送の一部で、通常より多くの時間を要しています。

 

 個別のお問い合わせにつきましては、引き続き弊社営業担当へお問い合わせください。

 お客様にはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、お願い申し上げます。