2009/11/13


竣工式で挨拶する社長 石崎 哲

成田ターミナル全景

 当社は、2008年12月より建設中であった成田ターミナル3期(増築)工事が完成し、本日11月13日(金)に竣工式を行い、営業を開始することとなりましたのでお知らせいたします。

 当該施設の1期、2期工事分は、それぞれ1998年11月、2002年11月に完成し当社の最大・最新鋭の物流拠点として稼動しております。今回の3期工事での増築部分を合わせ総延床面積は54,395.91m2(詳細は下記参照)となり、成田地区周辺の単一施設としては業界最大規模です。空港近くに位置する特徴を生かし、時間単位での管理を求められるクロスドック・オペレーションや保税での作業、また検品作業など高付加価値なロジスティクス・サービスを提供してまいります。また、ULD(航空貨物運送用パレット)用ワークステーションを1機増設しました。高品質な航空輸送サービスである*ULDインタクト輸送サービスも強化します。

 今後もお客様のニーズに対応した高品質なロジスティクス・サービスを提供してまいります。

 *ULDインタクト輸送サービス:輸出国においてフォワーダーが自社施設で個々の貨物をULDに組付け、ULD単位で航空会社に引き渡すサービス。輸入国においては、空港に到着した輸入貨物のULDを、空港の共同保税蔵置場(上屋)で解体せずフォワーダーの自社保税蔵置場まで転送し個々の貨物の取り降ろしを自社で行う。

所在地 千葉県山武郡芝山町大里157番1
増築規模および構造
①構造 鉄骨造5階建
②建築面積 4,203.50m2 (約1,271.55坪)
③延床面積 14,300.58m2 (約4,325.92坪)
施設内容「増築面積および既存面積」
1期面積 2期面積 増築面積 合計
PHF 162.54m2 101.02m2 85.52m2 349.08m2
5F 5,696.58m2 3,215.71m2 3,226.26m2 12,138.91m2
4F 5,696.58m2 3,215.71m2 3,219.41m2 12,131.70m2
3F 5,761.38m2 3,257.11m2 3,270.84m2 12,289.33m2
2F 1,067.37m2 144.63m2 174.59m2 1,386.59m2
1F 7,453.11m2 4,323.59m2 4,323.60m2 16,100.30m2
合計 25,837.56m2 14,257.77m2 14,300.58m2 54,395.91m2