【ページ更新情報】

2015/06/01  更新内容の詳細はこちら (PDF file size:139K)

■ 企業分類管理とは

 税関で登録・登記している企業は、その経営管理状況や、税関申告に対する評価などにより認証企業(高級認証企業、一般認証企業)、一般信用企業、信用喪失企業に分類される。その分類によって、認証企業に対しては、通関の優遇措置が適用される。認証企業とは中国税関が認証したAEO事業者であり、中国税関はその他国家あるいは地区税関とのAEO相互認証を展開し、相互認証AEO事業者に相応の通関利便性措置を与える。一方で信用喪失企業については厳格な管理措置が行われる。初めて登記・登録する企業は一般信用企業となる。税関登録登記企業の信用情報は “中国税関の企業輸出入信用情報公示プラットフォーム” を通じて、社会へ公示する。

 ※上記企業分類管理は税関総署令第225号に基づき、2014年12月1日から施行される。

 

■ 企業信用等級の変更

 税関総署が2014年10月8日付で公布した「中華人民共和国税関企業信用管理暫定弁法」(税関総署令第225号)により、2014年12月1日より、従来の5段階の企業ランク(AA~D)による分類管理(税関総署令第197号)が廃止され、新しい分類管理(認証企業、一般信用企業、信用喪失企業)が適用されることになる。

 従来のAA類、A類、B類企業はそれぞれ「高級認証企業」、「一般認証企業」、「一般信用企業」に移行し、C類とD類企業は「税関総署令第225号」に基づいて企業信用等級を更新認定する。認証企業となった企業は、税関への「認証企業証書」の交換申請が可能。

従来の分類 新分類
AA類企業 高級認証企業
A類企業 一般認証企業
B類企業 一般信用企業
C類企業 更新認定を行う
※基準に該当すれば信用喪失企業とされる
D類企業

 

■ 認定基準

高級認証企業

  • 税関認証企業標準公告(税関総署公告2014年第82号)に基づき、税関認証企業標準(高級認証)に合致すること。
  • 税関認証企業標準(高級認証)において、内部コントロール、財務状況、法律遵守規範、貿易の安全確保と付加基準の5大分類、18条32項目にそれぞれ達成基準があり、総得点95点以上が必要。
  • 詳細項目は税関総署のホームページを参照。
    http://nanjing.customs.gov.cn/publish/portal0/tab49564/info724300.htm

 

一般認証企業

  • 税関認証企業標準公告(税関総署公告2014年第82号)に基づき、税関認証企業標準(一般認証)に合致すること。
  • 税関認証企業標準(一般認証)において、内部コントロール、財務状況、法律遵守規範、貿易の安全確保と付加基準の5大分類、18条32項目にそれぞれ達成基準があり、総得点95点以上が必要。
  • 詳細項目は税関総署のホームページを参照。
    http://nanjing.customs.gov.cn/publish/portal0/tab49564/info724300.htm

 

一般信用企業

  1. 初回の登録登記をする企業
  2. 認証企業管理基準の適用条件に適合せず、かつ信用喪失企業の管理基準に該当しない場合。
  3. 信用喪失企業管理の適用から満1年が経ち、かつ信用喪失企業の管理基準に該当しなくなった場合。

 

信用喪失企業

  1. 密輸犯罪或いは密輸行為があった場合。
  2. 通関申告資格を有しない企業の1年以内の税関管理監督規定違反行為回数が、前年度の通関申告証明書及び輸出入記録リスト等の関連証票総数の1%を超え、かつ税関行政処罰金額が10万元を超える違反行為が2回以上ある場合、或いは税関行政処罰累計金額が100万元を超える場合。
  3. 通関申告資格を有する企業の1年以内の税関管理監督規定違反行為回数が、前年度の通関申告証明書、輸出入記録リストの総証票数の0.5%を超える場合、或いは税関行政処罰累計金額が10万元を超える場合。
  4. 未払い税額、未払い罰金没収額を滞納した場合。
  5. 前四半期の通関誤差率が同期間の全国平均通関誤差率より2倍以上高い場合。
  6. 企業登記情報が真実でなく連絡を取る手段が無い場合。
  7. 税関から通関業務を一時停止させられた場合。
  8. 密輸、税関管理監督規定の違反嫌疑がかかり税関調査への協力を拒む場合。
  9. 税関やその他企業名義を借用して不当利益を取得した場合。
  10. 虚偽行為を行い、企業信用情報を捏造した場合。
  11. その他税関が信用喪失企業と認める状況。

 

■ 認定結果の調整

高級認証企業

  • 3年に1度認証を更新
  • 認証更新に合格しないが一般認証企業基準に合致する場合、一般認証企業管理を適用
  • 認証更新に合格せず一般信用企業管理を適用された場合、1年以内の認証企業申請は不可。

 

一般認証企業

  • 不定期に認証を更新
  • 認証更新に合格せず一般信用企業管理を適用された場合、1年以内の認証企業申請は不可。

 

信用喪失企業

  • 信用喪失企業管理の適用から満1年が経ち、かつ信用喪失企業に該当する管理基準の状況が再発生していない場合、一般信用企業管理への移行調整が可能。
  • 信用喪失企業が一般信用企業に移行調整され満1年が経過した場合、認証企業となる申請が可能。

 

■ 管理措置の実施

高級認証企業

  1. 一般認証企業の措置を適用。
  2. 輸出入貨物の商品分類、税関評価、原産地の確定或いはその他税関手続完了前に通関手続きを行う。
  3. 税関は企業のために調整係員を配置する。
  4. 加工貿易企業に対して、銀行保証金台帳制度を実施しない。
  5. AEO相互認証国家或いは地区税関が提供する通関利便性措置。

 

一般認証企業

  1. 輸出入貨物検査率を低くする。
  2. 輸出入貨物書類審査の簡素化。
  3. 輸出入貨物通関関連手続の優先処理。
  4. 税関総署が規定するその他管理原則と措置。

 

信用喪失企業

  1. 輸出入貨物検査率を高める。
  2. 輸出入貨物書類の重点審査。
  3. 加工貿易等の業務に対し重点管理を実施。
  4. 税関総署が規定するその他管理原則と措置。