csr_page_eyecatch

 KWEグループでは、事業活動において、環境面への負荷を最小限に抑え、監視し、常に改善し続けるよう努めてまいります。

KWEグループ環境方針エネルギー管理方針ISO環境マネジメントシステム認証の取得グリーン経営認証施設における環境負荷の抑制
事業活動における環境負荷の抑制環境関連データ

KWEグループ環境方針

 KWEグループは、経営理念に基づき、ロジスティクスサービスを通してグローバル社会の発展に貢献するとともに、限られた資源を大切にし、地球環境の保全に努めるため、以下の方針を定めます。

  1. 環境汚染の予防を推進し、継続的な改善活動を行う。
  2. 環境対策に関する各国の法規制およびその他の要求事項を遵守するとともに、一層の環境保全に取り組む。
  3. 事業活動に関わる環境側面のうち、次の項目を環境管理の重点目的とする。
    • 温室効果ガスの排出抑制
      • 使用電力エネルギーの抑制
      • 車両等の排気ガスの排出抑制
    • 廃棄物の削減およびリサイクルの推進
  4. 取引先、関係協力会社との協力・連携により環境汚染の防止を行う。
  5. 環境方針はグループ内で周知徹底するほか、社外へも公表する。

 KWEでは改正省エネ法に対応するため2011年7月に「エネルギー管理方針」を制定しています。

エネルギー管理方針

 当社は毎年エネルギー原単位1%以上の消費エネルギーの削減を目標とし、全社的取組みを行う。

  1. エネルギー管理規程を制定し、エネルギー管理体制を全社に整備して、省エネ活動その他エネルギー管理業務の維持・推進にあたる。
  2. 省エネ設備の更新・新設の中長期計画を策定し、実現に向け努力する。
  3. 新たな設備投資においては、省エネ機器の採用を優先事項とする。

ISO環境マネジメントシステム認証の取得

 KWEグループでは2001年9月に国内グループ会社である(株)近鉄ロジスティクス・システムズの取得を皮切りに、以下の国内外の拠点にて「ISO14001」認証を取得し、EMS(環境マネジメントシステム)を構築・運用しています。

【国内取得拠点】

  • 三郷グリーンウェアハウス
  • 近鉄ロジスティクス・システムズ 東京ターミナル

【海外取得拠点数】

  • マレーシア 2拠点
  • フィリピン 2拠点
  • 香港 4拠点
  • 台湾 2拠点
  • フランス 1拠点
  • ロシア 1拠点
  • 南アフリカ 1拠点
  • インド 17拠点

  (2019年3月現在)

 

 

 

 

 

 

 

グリーン経営認証

 国内グループ会社の(株)近鉄トランステックでは、2005年10月に「グリーン経営認証」を取得し、現在では合計2カ所が同認証を取得しています。

【認証取得拠点】

  • 関東第一営業所
  • 関東オペレーションセンター

 

 

 

 

施設における環境負荷の抑制

 自社物流施設では、太陽光発電設備を成田ターミナルに導入しているほか、省エネ機器の導入、空調温度管理の強化、昼休み時間帯の消灯などを継続実施しています。

 木製パレットは原則として再利用するほか、ラップ・バンド類や段ボールの再資源化、事務用紙の再資源化にも積極的に取り組んでいます。

事業活動における環境負荷の抑制

 日本国内では、自動車の燃料使用量を抑制するため、アイドリング・ストップや燃費効率の良い運転を協力事業者に要請するほか、フォークリフトをバッテリータイプに切り替え、社用車も省エネタイプに切り替えを進めています。

 海外では、現地法人が所有するトラックの更新を図ることにより、CO排出量の抑制に取り組んでいます。例えば、欧州では「EURO5」対応を進めており、KWEロシアでは現在43台のトラックのうち40台について切り替えが完了しました。中国法人でも老朽化したトラックの更新を進めています。

環境関連データ(2018年度)

種類 項目 KWE 前年比 参考:
KWEグループ合計(日本国内)
エネルギー 電力(kwh) 15,800,131 102.1% 20,899,423
CO2換算排出量(t)* 7,142 90.8% 9,499
都市ガス(m3) 5,682 80.4% 3,089
CO2換算排出量(t) 0 0% 7
使用量(t) 19,893 97.5% 34,924
燃料 ガソリン(ℓ) 68,096 84.1% 172,685
CO2換算排出量(t) 46 84.1% 401
軽油(ℓ) 25,731 86.6% 507,279
CO2換算排出量(t) 176 86.6% 1,309
プロパンガス(ℓ) 68,880 98.2% 50,293
CO2換算排出量(t) 73 98.2% 151
A重油(ℓ) 0 0% 0
CO2換算排出量(t) 0 0% 0
事務用紙 使用量(箱数) 1箱=2,500枚 24,382 103.0% 3,126
廃棄物 可燃ごみ(kg) 130,962 91.7% 106,268
不燃ごみ(kg) 64,116 179.1% 184,668
プラ類(kg) 35,510 57.0% 76,459
資源排出物 ダンボール(kg) 789,771 122.3% 419,027
紙類(kg) 180,228 219.2% 803,637
ラップ(kg) 100,312 57.4% 204,755
木パレット(kg) 880,840 121.1% 351,762
鉄屑類(kg) 4,541 249.1% 880,960
CO2換算排出量合計(t) 7,645 91.1% 11,572

*電力使用によるCO2排出量は、各電力会社の調整後排出換算係数により算出。
*2018年度資源使用量データ
*調査対象箇所 : 日本法人の全箇所・倉庫および国内関係会社(海外グループ法人は除く)

【過去の環境関連データ】

過去の環境関連データは以下をご参照下さい。

icon_arrow_item 環境関連データ バックナンバー